通信制高校と「高認」の違いとは

通信制高校で卒業する事と高卒認定試験に合格する事は何が違うのでしょうか。高卒認定試験に合格するだけでは、実は高卒資格を得る事はできません。あくまで大学入試受験資格を得るだけです。「高認」だけでは就活が有利になるとは言えません。


得るステータスは変わりません

まず知っていてほしいのは全日制の高校を卒業した時に得られるステータスと通信制高校で得るステータスは同じだという事です。就職や大学受験で不利になるという事はありません。また、得に将来に明確な目標がなくても通信制高校に通う事で「未来の可能性」を広げる事が可能です。


通信制高校できっかけをつかむ

実際に、明確な目標を持たずして入学する生徒は大勢います。内面に何らかの問題を抱えている生徒はモチベーションを保つ事は難しいでしょう。しかし、通信制高校に通う生徒を支援するサポート校などを利用する事で学業面だけでなく、メンタル面のケアも行いながらスクーリングを進める事も可能です。また、同じような境遇と触れ合える環境がある事が大きな刺激になるケースも多くあるのです。通信制高校を卒業した後は、就職、進学とそれぞれの道を選ぶ事になりますがそれらは決して「不可能」ではありません。


通信制高校で高校卒業を取得して後悔をなくそう

高校を中退してしまって、大人になってからやっぱりちゃんと高校を卒業すれば良かった、なんて後悔している人はいませんか?
一時的な感情で高校中退をしてしまって後悔している人は、通信制高校へ通って高校卒業資格を取得してみてはいかがでしょう。
通信制高校は高校を卒業していない人であれば何歳でも通う事が可能なので、大人になってからでも通えるようになっています。
毎日ではなく決められた曜日に通学すれば良いので、仕事をしている人でも両立させることが出来ますよ。


通信制高校は本当に3年間で卒業できる?

通信制も3年間通う事で卒業できることになっていますが、正確に言えば条件をクリアしていればという話になります。
レポート課題を何回以上提出するとか、スクーリングや校外学習に何時間出席したのかなど、条件が用意されています。
通信制高校はそれぞれ同じような条件がありますので、それらをクリアすることによって卒業資格を得ることが可能となっています。
条件をクリアすることが出来なければ、少しだけ延長して満たしてから卒業する形も選べます。


留年はありますか?

全日制の場合は、必要な単位を修得出来なかったときもう一度やり直さなければなりませんので、皆と学年がずれてしまいます。
しかし、通信制高校では留年制度がありませんので、足りない単位分をやり直すことで済むようになっているのです。
そのため、働きながら高校卒業を目指している人にとっては、大きな不安を抱くことなく通えるようになっています。


海外からでも学べる通信制高校

突然の海外移住によって、学校を途中で辞めるお子さんも少なくありません。外国暮らしに慣れるためにも現地の学校に通うのが最適だと思われる方も多いですが、それが苦痛になってしますお子さんもいます。そのような時には、海外からでも学ぶことが出来る日本の通信制高校を選んでみましょう。


突然の外国暮らしは不安がいっぱい

英語やフランス語、中国語など、海外には日本語以外の言葉が沢山あります。そしてその中に突然入って会話をするということは、学んだことが無ければほぼ不可能に近いです。ジェスチャーでなんとかなることもありますが、言葉で伝えなければわからないからこそ、この世に言葉があるのです。なんとかしてお子さんを現地に慣れさせたいとその国の学校に通わせても、言葉がわからないので学ぶことが出来ません。日本語学校があるならば別ですが、住んでいる場所の近くに日本語学校が必ずしもあるとは限りません。


日本の通信制高校で徐々に慣れる

通信制高校では、海外でも学べるコースを用意しています。今はインターネットが普及しているため、インターネット上で講義を聞いたりレポートを提出したりします。その国の言語を学びながら日本に触れることで、不安な気持ちは少しずつ和らいでいくのです。

やむを得ず海外暮らしになる方も多いですし、すぐに慣れることが出来る方も多くいます。しかし全ての方がそうであるとは限りません。ご自分やお子さんに合った環境を作り上げるために、是非一度通信制高校について検討してみて下さい。


通信制高校を費用で選ぶなら

安い私立の通信制高校もありますが、公立の通信制高校の安さにはかないません。もともとが「経済的な理由で高校教育を受けられないということがあってはならない」ということから生まれているのが公立通信制ですから、それだけ費用をかけずに高校卒業の資格が得られるようになっているのです。入学金は500円で、1年の学費の1万円程度です。収入要件などを満たせばそれすらも無償となることがあり、スクーリングの交通費まで援助されます。サポート校もつけなければ、それだけで高校が卒業できるのです。


<私立の費用が安い通信制高校との比較を>

私立が公立に比べてフォローは手厚くなりますが、安い私立がそれだけ公立と違うかというと、よくわかりません。しかし何かが違う!ということも考えられますので、何が公立と違うのかということを比較対象してみましょう。それが公立と比べて高い学費を支払う価値があると感じれば、それを選択するのもありです。公立は全くフォローはありませんので、自分ひとりで頑張り続ける意志と情熱が必要です。そのため途中で挫折してしまうのも公立の傾向で、卒業しているのは5割です。しかし反対に言えば5割は卒業しているのですから、頑張りさえあれば難しいことではありません。


通信制高校のウイークポイント

通信制高校が生まれた背景には、全日制はもとより定時制といった「通学を前提としている高校」で授業をうけることがままならないといった環境に置かれている人であっても、等しく教育を受ける権利があり、その環境を提供するのが義務であるという所から生まれています。
そういった面では公立の通信制は、問題なく機能しています。
しかし近年の通信制への期待に対しては、応えることが難しいのが現状です。これは利点が生んだ側面でもあります。


<通信制高校のウイークポイント>

通信制高校は通学しなくて良いというのが大きなメリットです。
しかしそれは学習の上で「自分との戦い」になるという側面となり、成し得るためには強い意志が必要となります。
これが大変難しく、挫折してしまう生徒が多いのも現実です。
また通信制を選択した理由に、不登校やいじめ、中退などが見られるのも近年の特徴です。
このような生徒は学習面の他の「指導」を求めていることもあります。
仲間や先生の助けが得にくい通信制は、こういった問題の根本解決に結びつくことが難しいものです。
この点に着目してカリキュラムを構成している私立の通信制高校や、フォローするサポート校の存在もあります。両方の特性を兼ねた学校も注目されています。